HOME > ブログ > 積分球を用いた受託分析設備のご紹介
ものづくり技術センター
2016/12/02

積分球を用いた受託分析設備のご紹介

ブログ

弊社ものづくり技術センターにあります、大きな積分球(直径1.65m、米国Labsphere社製)をご紹介します。
この積分球を使って最大128cmの蛍光灯や直管タイプのLED照明といった大型の照明器具や投光器、プロジェクターなどの明るさを測定できます。
測定できる値は放射束、全光束、CCT相関色温度、演色数(R1-R15、RA)、分光スペクトル(350nm-1050nm)など、光に関わる各種パラメータです。
この積分球を用いた受託分析を承ります。また、弊社ラボにてご自分で操作する割安でのお貸出(MyLab)も可能です!


弊社ホームページをご覧いただき、お問い合わせください。
http://www.systems-eng.co.jp/products/analysis.html#mylab

 

2016_12_02_2.jpg2016_12_02_3.jpg2016_12_02_4.jpg