HOME > ブログ > OCT断層画像撮影システム (Optical Coherence Tomography)でマイクロニードルアレイを測定してみた!
実績・事例
2017/05/19

OCT断層画像撮影システム (Optical Coherence Tomography)でマイクロニードルアレイを測定してみた!

ブログ

IMG_0036.jpg

すでに使用された方もいらっしゃるかと思います。「マイクロニードルアレイ」は、100~2000ミクロンの長さの微細な突起をシート上に配した薬剤送達部材で、皮膚表面に貼ることで、突起部分から薬剤を皮膚に浸透させ、体内に届けることができるものです。「 マイクロニードルアレイ」の突起部分は、皮膚に貼っても注射のような痛みを感じることはありません。

たしかに小さな針が皮膚に刺さっている画像が取れました。こんなわけで薬が浸透してゆくのですね!

SS OCTシステム http://www.systems-eng.co.jp/products/ssoct/ssoct.html