HOME > 光の雑学

光の雑学

光に関するさまざまな豆知識をわかりやすくご紹介していきます。
第一回:OCTとは  
OCTとは、Optical Coherence Tomography(光干渉断層撮影)の略語で、光の干渉性を利用して試料内部の構造を高分解能・高速で撮影する技術です。・・・
第二回:積分球とは  
積分球はきわめて簡単な仕組みの光学コンポーネントで、光を集め空間的に積分し均一にするためのものです・・・
第三回:反射板とは  
拡散反射率が既知の反射板は「標準拡散反射板」と呼ばれ、光測定を行う際の校正基準としてなくてはならないものです。反射標準、白色板、標準白色板などとも呼ばれます。
第四回:配光測定とは  
人の目は、光の強さだけではなく、光の広がり具合でも明るさを感じています。配光特性とは、光源から各方向への光度を測定し、光の分布を表したものです・・・
第五回:ハイパースペクトルカメラとは  
多数バンドの画像データが取得できるカメラの内、数十バンド以上が取得できるものをハイパースペクトルカメラと呼んでいます。
第六回:どの OCT を選べばいいの?  
システムズエンジニアリングは、お客様の様々 なご要望に応える ため、 それぞれ特徴ある 以下の OCT 装置をご用意しています。