HOME > 製品情報 > FT-IRアクセサリ > Minidiff Plus 拡散反射装置

Minidiff Plus 拡散反射装置

Minidiff Plusは、ルーチンの拡散反射測定用に最適です。
面倒な光学調整なしに高感度測定が可能です。標準のサンプルカップとダイヤブレーズ(ダイヤモンドやすり)パッドにより、様々なサンプルに対応します。3連式のスライド式サンプルステージにより、同時に3サンプルまでセットすることができ、サンプルをこぼす心配もありません。Specac標準のベンチマークベースプレートにより、FTIR各機種に対応します。
  Minidiff Plus 拡散反射装置

特長

調整済みのミラー光学系により、再調整の必要がありません。
サンプルのセッティングが簡単
ダイヤブレーズ(ダイヤモンドやすりパッド)が使用可能
ベンチマークベースプレートによる安定したセッティング
マイクロメータによるサンプル位置微調整
オプションetc.
 
データシート
 
お問い合わせ

技術仕様

製品構成

・光学系およびベースプレート
・3連式サンプルホルダー(2)およびサンプルカップ(6)
・3連式ダイヤブレーズホルダー(2)およびダイヤブレーズサンプラー(6)
・ダイヤブレーズ・ダイヤモンドやすりパッド(直径9mm)(20)
・KBrパウダー(50g)、小型乳鉢および乳棒

拡散反射測定ワンポイント

拡散反射測定では、サンプル位置は常に一定ではありません。サンプル交換時には、サンプルの位置調整を素早く行い、エネルギーを最高にして測定を開始する必要があります。Minidiff Plusでは、マイクロメータで簡単にサンプル位置の微調整ができます。 拡散反射

アプリケーション例

PDF

ダイヤブレーズ(やすり)を用いた測定例(50.4KB)

関連製品

リンク

Specac