HOME > 製品情報 > FT-IRアクセサリ > Seagull 多目的連続角度可変反射装置

Seagull 多目的連続角度可変反射装置

The Seagullは1台で6通りの反射測定方法が使えます
角度可変反射、高感度反射、ATR、偏光ATR、加熱ATR、粉体反射、電気化学測定のin-situ測定など多岐にわたり応用が可能です。
  Seagull 多目的連続角度可変反射装置

特長

入射角5°~85°連続可変
これ一台で反射、ATR、粉体反射測定が可能
赤外偏光子を用いた高感度反射測定が可能
回転ステージと赤外偏光子の併用でATRによる試料表面の配向測定が可能
入射角を変えても、光学系の再調整やサンプルの再設定が不要で、 常にIR光がサンプル上の同位置にフォーカスされ、偏光面も変わりません
ATR測定で試料を付け替えることなく、入射角や偏光角度等が変えられます
オプションで電気化学測定用電解セルをセットし、SEIRAS等in-situ測定が可能です
データシート
 
お問い合わせ

技術情報

図面およびアプリケーション例

Seagullの光路図
(ATR測定の場合)
Seagullの光路図 (ATR)
  Al基盤上のSiO2(0.05μm)反射スペクトルの入射角依存性
(入射: P偏光)
Al基盤上のSiO<sub>2</sub>(0.05μm)反射スペクトルの入射角依存性(P偏光)
Si基盤上のマイラーフィルム(2.5μm)ATRスペクトルの
入射角依存性
Seagullの光路図 (ATR)
  カオリナイトの拡散反射スペクトル
(KBr希釈; 入射: 15°)
Al基盤上の0.05μmSiO<sub>2</sub>反射スペクトルの入射角依存性(P偏光)

関連製品

リンク

Harrick Scientific