HOME > 製品情報 > FT-IRアクセサリ > 光路長可変液体セル

光路長可変液体セル

光路長を0.04~6mmまで連続的に変えられます。光路長を変えても窓は回転しないので、平行度が保たれ、正確な光路長が得られます。
定量分析における検量線の作成をスピーディに行うことができます。

窓材は測定波数領域、使用する溶媒の種類等で各種選択可能です。

誠に申し訳ございませんが、2017年5月17日をもちまして製造中止となりました。

  光路長可変液体セル

特長

液体セルの光路長が0.04~6mmまで連続可変。
マイクロメータと副尺目盛により正確な光路長が設定できます。
光路長範囲0.04~6mm 目盛精度5μm 最大容量4.5ml(光路長6mm)
全てのFTIRに使用できる標準のスライドマウント
オプションetc.
 
データシート
 
お問い合わせ

関連製品

リンク

Specac