HOME > 製品情報 > 全光束測定装置 > 小型マルチチャンネル分光器 CDS-600/610

小型マルチチャンネル分光器 CDS-600/610

高感度な小型CCDアレイ分光計であるCDS-600及びCDS-610は、低ノイズ、広帯域周波数対応を特徴とし、校正範囲は350–850nmまたは350–1050nmです。
ラブスフェア積分球と共に用いることにより、フィルターベースの受光器特有の測光誤差を回避することができます。したがってLED、蛍光灯、放電灯などのような狭帯域光源に対しても正確なデータを取得することが可能です。
生産ラインでは、これらのシステムを用いることにより品質保証テストの処理量が増大し、統計的生産管理の質が向上しますので、より高い製造の一貫性と製品品質の向上を実現することができます。
  小型マルチチャンネル分光器 CDS-600/610
データシート
 
お問い合わせ

技術仕様

装置仕様

  • 波長範囲: 350-850nm (CDS-600); 350-1000nm (CDS-610)
  • 波長分解能: 2nm
  • 波長精度: ±0.5nm
  • ダイナミックレンジ: 1300:1
  • 露光時間: 8ms-20s
  • インターフェース: USB2.0
  • 寸法: 89.1 x 63.3 x 34.4mm

関連製品

リンク

labsphere