HOME > 製品情報 > 全光束測定装置 > illumia plus 全光束分光測定システム

illumia plus 全光束分光測定システム

Labsphere社の積分球を用いた全光束測定システムは、LED電球をはじめとするLED照明や液晶バックライト・蛍光灯・白熱灯などのルーメン値(全光束値)を高精度かつ簡単に測定可能なシステムです。
25cmから3mに及ぶ積分球に、用途に適した分光器の選択が可能です。
NVLAP標準電球を使用してのキャリブレーションは高い測定精度をご提供します。
新しいソフトウェアInteglal LM はキャリブレーションルーチンを自動化し、従来より短時間でのキャリブレーションを実現します。
  illumia plus 全光束分光測定システム

特長

高い正確性を実現
illumiaは、分光測定を行いますので、視感度補正フィルター付き検出器を用いた方法と比べ、正確度の高い測定を可能にします。 フィルターによる補正では、実際の感度特性は視感度曲線と完全には一致せず、しかも波長によって不一致の程度が異なります。 このことは、特定の狭い波長領域に強いピークのある光源(白熱灯を除くほとんどの光源)の場合に特に大きな問題となります。 illumiaシリーズでは、分光測定を行い付属の分光放射強度標準ランプで校正することによって、この問題を解決しています。
illumia plus 全光束分光測定システム
illumia plus 1.65m積分球 全光束分光測定システム
真の吸収補正が可能に
全光束測定では一般に測定対象自身による吸収の影響を取り除くために実施されます。測定対象の吸収特性は波長に依存するので、 分光しなければ正確な吸収補正はできません。本システムが採用する分光測定方式は自己吸収補正ランプを使用して、真の吸収補正を可能にします。

【標準構成】

  • 積分球 (φ25 cm・50 cm・100 cm・165 cm・195 cm・3 m)
  • マルチチャンネル分光器/オプティカルファイバー
    測定波長範囲: 350–850 nm (CDS-600); 350–1000 nm (CDS-610); 350–1050 nm (CDS-2600); 350–830 nm (CDS-3020); 350–1050 nm (CDS-3030)
  • 分光全放射束標準電球 (1個)
  • 自己吸収補正ランプ (AUXランプ)
  • Photometry Module (PM) (電源、標準電球用電源、AUXランプ用電源、小型コンピューターの一体型モジュール)
  • システムソフトウェア
お問い合わせ
全光束分光測定システム総合カタログ (3.54 MB)
illumiaシリーズ性能一覧 (326 KB)

システム例

illumia plus 全光束分光測定システム

Integral LMソフトウェア
付属の専用ソフトウェアによってシステムはコントロールされます。PMに搭載された小型コンピューターにLAN経由でアクセスすることで、どこからでも測定を行うことができます。システム校正・自己吸収補正・分光測定・スペクトル表示・各種データの表示・保存等が自動で実行でき、エクセルで作成したテンプレートへの出力も行えるのでレポート作成が簡単に実行できます。求められる主な測定項目は次の通りです。

  • 分光放射強度スペクトル [W/nm vs. nm]、分光放射強度 [W]
  • 全光束 [lm]
  • 相関色温度 [K]
  • 色度座標 [(x,y), (u',v')]、色度図
  • 演色評価数 [R1~R15、Ra]
  • ドミナント波長、ピーク波長、重心波長 [nm]
  • 純度 [%]
Integral LM ソフトウェア

標準ランプセット(オプション)
標準構成には標準ランプが1個含まれていますが、劣化を考慮してあらかじめ複数の標準ランプを用意されることをおすすめします。

  • CSFS-050: 4.4W標準ランプセット(3個セット)
  • CSFS-600: 35W標準ランプセット(3個セット)
  • CSFS-1400: 75W標準ランプセット(3個セット)

※NISTに準拠した校正データ付

標準ランプ

技術仕様

illumia plus シリーズ性能一覧

型番 600/610-025 600/610-050 600/610-100 600/610-165 600/610-195
積分球直径 ※1 25 cm 50 cm 100 cm 165 cm 195 cm
測定波長範囲 350–850 nm (CDS600), 350–1000 nm (CDS610)
波長分解能(FWHM) 1.5 nm
測定可能な光束目安 ※2 0.02–1800 lm 0.05–7500 lm 0.2–16000 lm 0.6–41000 lm 0.8–57000 lm
型番 2600-025 2600-050 2600-100 2600-165 2600-195
積分球直径 ※1 25 cm 50 cm 100 cm 165 cm 195 cm
測定波長範囲 350–1050 nm
波長分解能(FWHM) 2.4 nm
測定可能な光束目安 ※2 0.008–3,400 lm 0.04–13,700 lm 0.2–21,000 lm 0.4–88,000 lm 0.5–123,000 lm
型番   3020/3030-050 3020/3030-100 3020/3030-165 3020/3030-195
積分球直径 ※1   50 cm 100 cm 165 cm 195 cm
測定波長範囲   350–830 nm (CDS3020), 350–1050 nm (CDS3020)
波長分解能   3.0 nm (CDS3020), 3.3 nm (CDS3030)
測定可能な光束目安 ※2   0.03–19,000 lm 0.1–76,000 lm 0.3–208,000 lm 0.4–291,000 lm

※1 全光束測定用積分球:10インチ~3メートル対応
※2 タングステンフィラメントランプを測定した場合の値

関連製品

illumia pro   illumia lite        
illumia pro   illumia lite        

リンク

labsphere