HOME > 製品情報 > 全光束測定装置 > ポータブル半球放射率測定器 PM-E2

ポータブル半球放射率測定器 PM-E2

ポータブル半球放射率測定器(PM-E2)は、宇宙機の熱設計に必要な半球放射率データを簡便に取得することを目的にJAXA宇宙科学研究所で開発された装置を基本に製品化されたポータブル半球放射率測定器です。
地上のふく射エネルギを利用する分野の方にも活用し易いように利便性を高めました。
黒体炉の光源と校正された高放射率・低放射率の基準試料を基本に半球放射率を0.05の精度で、かつ測定時間約10秒と非常に短時間で測定することが可能です。しかも、ハンディータイプであるため試料単体はもちろん、従来測定が困難な部品や装置自身の半球放射率の測定が可能です。正確な温度測定、太陽電池素子や塗料等の材料開発、プラントの熱エネルギーの有効利用や省エネ設計等に有効です。
  ポータブル半球放射率測定器 PM-E2
ポータブル半球放射率測定器 PM-E2

特長

黒体炉、パラボリックミラー、積分球、サーモパイルを内蔵
約10秒で半球放射率を測定可能
測定精度 ±0.05
小型・軽量・簡単操作
データシート
 
お問い合わせ

関連製品

ポータブル太陽光吸収率測定装置            
ポータブル太陽光吸収率測定装置            

リンク

Systems Engineering