HOME > 製品情報 > 周辺機器 > 液体窒素自動供給装置

液体窒素自動供給装置

液体窒素自動供給装置は大気中の窒素ガスを高純度なガスとして分離し、冷凍機により液化し、容器に貯蔵されます。装置は全自動で運転され、一定の液化窒素が自動または手動で取り出すことができます。NMR、電子顕微鏡、FT-IR、液化窒素保存容器などの補給用としてご利用頂けます。設置場所と電源があれば、いつでも液化窒素を使うことが出来ます。
  液体窒素自動供給装置

特長

大気中の窒素ガスを分離
冷凍機で液体窒素発生、容器に貯蔵
光センサーが液面をコントロール、全自動運転
残量レベル表示をグラフィックパネルで管理
水冷式、空冷式
用途にあった最適な仕様が選べます
仕様一覧
 
データシート
 
お問い合わせ

技術仕様

用途

  • NMR、超電導マグネット
  • 電子顕微鏡用検出器
  • クリンルーム室内の設備

オプション

  • 冷却水循環装置

製品構成

  • 窒素ガス発生装置
  • 極低温冷凍機
  • 液体窒素デュワー
  • 光レベル検出器
  • レベルコントローラー
  • 防音ケースユニット
  • トランスファチューブ

型式の表示

液体窒素自動供給装置型式

基本仕様

  水冷式 空冷式
型式 50DP-AS-16S4 100DP-AS-16S4 50DP-AS-8S4 100DP-AS-8S4
基本性能 窒素ガス発生量 10L/min (99%)
液化量 (50Hz) 16L/day 8L/day
容器容量 50L 100L 50L 100L
液体窒素移送量 0.6L/min
設置 設置距離 3~8m
液体窒素移送距離 8mMAX
設置スペース(mm) W 1000
D 1100
H 2100
W 1200
D 1200
H 2380
W 1000
D 1100
H 2100
W 1200
D 1200
H 2380
電力 電源 AC100V・三相200V 50/60Hz
消費電力 (三相200V) 3.3kW 50Hz 2.4kW 50Hz
外寸 W 800
D 898
H 1898
W 900
D 998
H 2180
W 800
D 898
H 1898
W 900
D 998
H 2180
重量 420kg 460kg 420kg 460kg
ユニット設置周囲温度 4~32℃
定期メンテナンス 10000時間/1回
保証期間 1年間
  • 空冷式コンプレッサの場合は冷却水は必要有りません。
  • 重量はLN2容器が空の状態です。
  • 冷却水循環装置(CW)は別ユニットになります。
  • 冷凍機ユニットと容器の組合せにより、上記以外の仕様も対応できます。
  • 外観・仕様は予告なく変更することがあります。

関連製品

リンク

日本サーマルエンジニアリング株式会社