HOME > 製品情報 > 旋光計 > オートポール6

オートポール6

他社製品を圧倒する測定精度を誇る旋光計のフラグシップモデルには、特許のTempTrol 機能を搭載し、実試料温度にて高精度に温度制御が可能です。
  オートポール6

特長

真の下4桁表示 0.0003° 測定精度
TempTrol (高精度温度制御機能搭載)
21CFRPart11 (電子署名・電子記録) に準拠ソフトウェア搭載
標準で6波長搭載(589nm/365nm/405nm/436nm/546nm/633nm)
使いやすいタッチパネルインタフェース
バリデーションパッケージ標準搭載
USB、LANポートを搭載
データシート
 
お問い合わせ

技術仕様

Temptrol 機能

テンプトロール機能はペルチェ電子冷熱方式により試料(サンプル)温度を高精度に制御します。内蔵されているTemp Probe(テンププローブ温度計)にて実試料温度を直接計測し、制御しますので非常に高精度です。測定は通常の測定と全く同じで、設定温度をセットして測定スタートボタンを押すだけです。試料温度が設定温度になれば自動的に測定を開始し、その時の温度を記録します。例えば水ベース試料溶液であれば、室温から20℃までに必要な待ち時間は平均3分以内で待ち時間もストレスになるほどかかりません。 テンプトロール機能

21 CFR Part 11 準拠

旋光計本体でお使いいただけるソフトウェアを搭載。本機能に採用されているソフトウェアは常に最新のドラフトに準拠し、ユーザID及びパスワードで登録されたユーザーのみ装置にアクセス可能となり、測定された日時、メソッド、結果は全てメモリカードに保存されます。標準付属のメモリーカードには約10万検体以上のデータが保存でき、また付属のカードリーダーにて測定データはPCへ取り込むことも可能です。全てのデータには改ざん防止機能が働いていますのでバリデーション機能による改ざんの有無を確認できます。) メモリーカード

標準で6波長を搭載

高精度の波長フィルターにより、一般的に必要とされる全ての輝線をカバーしています。波長の切替は装置のタッチパネルよりワンタッチで行えます。波長フィルターの交換作業や面倒な調整は一切必要ありません。 光源
搭載波長:365nm、405nm、435nm、546nm、589nm、633nm
その他の波長もご希望により対応可能です。(詳細はお問い合せください)

強靱なグラントムソンカルサイト偏光子を採用

心臓部には、高消光比、高透過率のグラントムソンカルサイトを採用。 グラントムソンカルサイト偏光子
一般的には安価なプラスティックシート偏光子が採用されています。プラスティックシート偏光子は熱や湿度の影響を受けやすく、装置を不安定にする最大の要因となっています。オートポールシリーズ旋光計は全てのモデルにおいてグラントムソンカルサイト偏光子を採用することで装置の長期間にわたる安定性を確保しています。心臓部だからこそ永年保証をお約束しています。

操作性の向上

  • タッチパネル方式のユーザーインタフェース
  • 一目で装置状況を判断できるレイアウト
  • 表面は防水処理により保護されています
  ユーザーインタフェース

付属アクセサリ

  • 温度バリデーション用セル (基準温度計は含まれていません。) (1)
  • 専用測定セル 容量2ml (2)
  • SDメモリカード64MB及びPCカードリーダー (3)
  • NISTトレーサブル2次標準石英製偏光セル (4)
  • 基準温度計 0.1℃分解能 校正証明書付き
  標準付属アクセサリ

印刷結果

装置背面にはパラレルプリンターポートの他、外部コミュニケーション用ポートとしてRS-232Cポートが2つ装備されています。プリンターはパラレル及びシリアルプリンターを接続可能です。印刷結果はレポートとして保存可能な書式になっています。 印刷結果

リンク

Rudolph Research Analytical