TOP > UV関連 > 分光放射照度計GL SPECTISシリーズのご紹介!!

ブログ

分光放射照度計GL SPECTISシリーズのご紹介!!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
分光放射照度計GL SPECTISシリーズのご紹介!!
キーワード園芸、農業、植物栽培、植物工場、園芸工場、育成環境、工業用照明、LED光源、PAR、PBAR、PPFD、PPF

アプリケーション例

農作物などの栽培環境における植物育成用LED光源の評価

植物育成用ライトは植物の光合成を促し成長スピードを増進させる効果があり、生産性の高い植物栽培を実現します。
育成環境を安定させるためには、適切なスペクトルと光量・強度を持つ光を照射する必要があります。GL SPECTISシリーズは、植物育成用光源評価に求められる下記の指標を提供します。

【注目される指標】
◇光合成有効放射(PAR:Photosynthetically active radiation)
  → 植物の光合成に有効な波長領域400~700 nmにおける放射量
◇生理的有効放射(PBAR:Plant biologically active radiation)
  → 植物の発育や形態形成に効果がある波長領域300~800 nmの放射量
◇ 光合成有効光量子束密度(PPFD: photosynthetic photon flux density)
  →植物の特定箇所のスポット測定値
◇ 光合成有効光量子束(PPF:photosynthetic photon flux density)
  → 積分球によって測定されるPARの総量

これらの値はGL SPECTISシリーズの分光放射照度計と専用ソフトウェアによって得ることができます。ハンディ仕様ならではの使い勝手の良さとスマートなデータ取得によって、植物の成長に効果的な光の管理が行えます。農業・園芸用LEDのスペクトル確認、性能評価、品質管理に最適です。

【おすすめ機種・アプリケーション】
▶GL SPECTROLUX
▶GL SPECTIS 1.0
▶GL SPECTIS 1.0 Touch
▶積分球アクセサリ
▶システムソフトウェア

お問い合わせお待ちしております。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加