HOME > 製品情報 > FT-IRアクセサリ > ゴールデンゲートATR

ゴールデンゲート (高感度1回反射/ダイヤモンド水平ATR装置)

ゴールデンゲートは、Type IIIaダイヤモンドをエレメントとして用いた1回反射の水平型ATR装置です。
Type IIIaダイヤモンドは、物理的にも化学的にも非常に安定で、しかも透明度が高く、高屈折率、高熱伝導率といった優れた特性を有します。
ゴールデンゲートにより、微小サンプルからマクロサンプルまで、気体を除くほとんどあらゆるタイプのサンプルを前処理なしに、結晶を損なう心配もなく、簡単に、高感度で測定することができます。
さらに豊富なオプションにより、液体窒素温度から、350°Cまで、圧力41MPa(6000psi)までの in-situ 測定が可能です。ルーチン分析から、未知試料の非破壊分析、反応の追跡に至るまで幅広いアプリケーションに対応します。
使用方法はこちらから
高感度1回反射/ダイヤモンド水平ATR装置使い方

 ゴールデンゲート (高感度1回反射/ダイヤモンド水平ATR装置)

特長

ダイヤモンドと、タングステンカーバイトディスクの高温ろう付けにより、高圧可能、液体のリークなし、アセントンでの洗浄が可能
トルクリミッター内蔵の堅固なブリッジ型クランプ機構
クイックロック、ブリッジロックによりサンプル交換が容易
高圧対応のサファイヤアンビル標準
4倍ビームコンデンシングレンズ内蔵
パージポートを備えたコンパクトな設計
偏光子マウント装備
豊富なオプション
オプション
 
データシート
 
赤外チャート
 
お問い合わせ
350℃仕様の加熱ダイヤモンドATRを用いたイミド熱硬化測定(0.98Mb)
ダイヤモンドATRを用いた光硬化測定(82.9Kb)
ダイヤモンドATRを用いたタテガミネズミの毒毛の研究 (英文) (0.98Mb)
ダイヤモンドATR偏光測定を用いた絹単繊維の配向・構造の研究 (英文) (431Kb)
 
シールド機構付ダイヤモンドATR 嫌気性
シールド機構付ダイヤモンドATR 嫌気性
試料のサンプリングを容易にします。
トッププレートは容易に脱着でき、グロ ーブボックス内への搬送を容易に行えます。
2010分析展、新技術発表会PDF版テキスト「電池評価に最適な環境チャンバー付シールドATR装置」(メールによる申し込みが必要です)

ゴールデンゲートATR装置の再現性と感度
ゴールデンゲートの高圧コンタクトにより、再現性の良い高感度ATR測定が可能になりました。

ゴールデンゲートATR装置の再現性   ゴールデンゲートATR装置の感度

技術仕様

基本仕様

結 晶 ダイヤモンドTypeⅢa
ダイヤモンド45° 2mm×2mm
Ge 45° 4mm×4mm
測定可能領域 6500〜600cm-1(ZnSeレンズ)
5200〜400cm-1(KRS-5レンズ)
5200〜400cm-1
(ZnSe及びKRS-5レンズ)
屈折率(1000cm-1 2.4 4
結晶の保持方法 タングステンカーバイトディスクに高温ろう付 ステンレスディスクに接着
有効面積 0.8mmφ 0.8mmφ
耐圧 100cNm(トルク)
160lbs、1.78KBar
80cNm(トルク)
128lbs、0.36KBar
浸透深さ
(サンプル屈折率1.5、1000cm-1で)
2.0μm 0.7μm

分析可能なサンプル (前処理は不要)

単繊維や微粒子(〜20μm)などの微小サンプル、微小付着物、異物。非常に硬い固体サンプル腐食性の液体サンプル高吸収サンプルポリマーペレット粉体。
※4倍ビームコンデンシングレンズを用いたコンパクトな光学系で、すべてのトッププレートは、簡単に交換できます。
  分析可能なサンプル (前処理は不要)

製品構成

P/N10500
  • 本体
  • ペレットアンビル
  • 液体カバー
  • パージベローズ
  • アライメントツール

関連製品

リンク

Specac