HOME > 製品情報 > 全光束測定装置 > 高感度マルチチャンネル分光器 CDS-2600

高感度マルチチャンネル分光器 CDS-2600

CDS-2600 は、実績のあるクロスツェルニターナー型を基にした設計で、電子冷却付き裏面照射型薄型CCD検出器を備えており、迷光低減に優れた設計です。
これらのスペクトルエンジンはリアルタイムダークコレクション用シャッタ、および研究、開発、生産用としての直感的なソフトウェアが備わっています。
各アプリケーションに合わせて外部機器とソフトウェア、マルチチャンネル分光器を校正することにより、サンプルの分光放射、視感度、色度、などのデータを迅速に測定できます。
  高感度マルチチャンネル分光器 CDS-2600
データシート
 
お問い合わせ

技術仕様

装置仕様

  • 波長範囲: 300–1080 nm
  • 校正範囲: 350–1050 nm
  • 波長分解能: 2.4 nm
  • データ間隔: 1.0 nm
  • 電子冷却: −10±0.05℃
  • 温度ドリフト: ±1℃
  • AD変換: 18 bit
  • ダイナミックレンジ: > 200,000:1
  • 露光時間: 8 ms–900 s
  • インターフェース: USB2.0

関連製品

リンク

labsphere