HOME > 製品情報バックナンバー > Analytica 2014 展示会レポート

Analytica 2014 展示会レポート

Munich Report — Mar. 31st–Apr. 4th

ドイツ バイエルン州 ミュンヘンで開催の展示会 Analytica 2014 に出かけました。弊社取扱海外メーカーも増え、会期中はミーティングスケジュールが目白押しでした。全ての情報をご紹介できませんが、新製品情報とともにダイジェストをお届けします。

2年に一度の開催となるAnalytica, 最終のプレスリリースでは前回の2012年開催時と比べ、11.3%多い1,142社、約40カ国からの出展となり、総来場者数も34,400名、特に海外からは25%多い12,000名超の来場とのこと。4日間会場を歩いて肌で感じる盛況ぶりは景気回復の前兆である事を願います。

  Analytica 2014 in Munich

今後の動向に注目したい製品

GASERA (フィンランド)
PA201とチューナブルレーザー干渉計を用いたガス専用測定装置 (参考出品)
高感度、高いダイナミックレンジをターゲットにし、ガスセル容量わずか30 mlで測定が可能です。 将来的にはパッケージ化されたガス専用分析計に製品化し、FT-IR+長光路ガスセルの組合せからの需要をカバーできるようにしたいと開発が進んでおります。
  GASERA社ガス専用測定装置
ART Photonics
フランス、イギリス、イタリア、上海など各国のパビリオンブースがありましたが、ドイツ国内なのにベルリンパビリオンがありました。弊社取扱の中赤外ファイバーメーカー Art Photonics 社も展示がありました。今年15周年を迎え、近年需要が多いリモートセンシング・In-Situ測定の波に乗って業績も好調とのことです。
中赤外ファイバー用ファイバーカプラー
各社FT-IRメーカーにOEM供給を前提とする、中赤外ファイバー用ファイバーカプラーが展示されており、写真はThermo社 iS-5に専用設計されたものです。小型化するFT-IRの市場でもリモートセンシング・In-Situ測定を可能にするアダプターとして注目されています。
  ART Photonics ファイバーカプラ
チューナブルレーザー干渉計を組込んだファイバーアクセサリー
ファイバープローブに検出器を組込み、検出した信号をさらに遠くで制御します。反応モニタ・無人制御など、アプリケーションの可能性が広がります。 組込まれるチューナブルレーザー干渉計は、波長領域に合わせて数種類用意されており、近赤外用、中赤外用と目的にあわせて選択頂けます。
  ART Photonics 干渉計組み込みファイバープローブ
Pyreos (ドイツ国内代理店 Comline より出品)
超小型赤外分光器
超小型、MEMS技術にて発展してきている赤外分光器、こちらはポータブル、組込み型への進化を期待できる製品として、展示ブースも活況でした。弊社も日本国内総代理店として複数台のデモ機、評価機を提供できます。アプリケーション開発用のキットも販売されています。
  Pyreos社 超小型赤外分光器

その他の取扱メーカー情報

IBZ MESSTECHNIK (HPLC用旋光度検出器)
10年ぶりの再会。ミュンヘンから約600Kmと離れたハノーバー近郊に会社があり、私が Analyticaへ出かける事を事前に連絡したところ、わざわざ会場まで足を運んでくれました。
弊社が日本国内で取扱を開始する際に来日したのは2004年、顧客へのオンサイトデモなど同行し数日を共に過ごしました。10年ぶりの再会に話がはずみ、IBZ 社は業務拡大しており、特にオンライン旋光度検出器が製薬・合成分野で好調とのことです。
  IBZ MESSTECHNIK
Rudolph Research Analytical (旋光計・屈折計・密度比重計)
アメリカのメーカーですが、今年はPittconに出かけることができなかったため、新製品情報はAnalyticaで知る事になりました。
AutoFlex R837 回転式オートサンプラー
これまでオートサンプラーはOEM供給されたX-Yステージ型のタイプしか無く、検体数の少ないアプリケーションでは価格面で魅力がありませんでした。本製品はすべてルドルフ社が手がけたオートサンプラーシステムで、様々なヘビーユーザーにヒアリングをして開発をしたと言うだけあり、非常に魅力的な製品となっています。粘性が異なる試料にも同一シーケンスで対応できる他、シリンジの洗浄はコンタミを防ぐ画期的な構造になっています。カスタムボトルにも柔軟に対応可能です。
  Rudolph Research Analytical オートサンプラー
DDM2911Plus (下6桁測定可能 密度比重計)
DDMシリーズのソフトウェア リニューアル
振動式密度計に下6桁測定可能なモデルが追加されました。また、DDMシリーズのソフトェアが更に使いやすく更新されています。測定セル部が常に2倍拡大表示されているホーム画面。10倍拡大やセル部スキャン、セル部の画像保存まで可能です。測定精度に大きく影響する測定セル部の微小な気泡を事前に可視化することで、精度の向上と測定者の負担を大きく軽減させる機構です。
  Rudolph Research Analytical DDM2911Plus

もうひとつのAnalytica ミュンヘン便り

開場時間 9時から18時と長い展示会ではありますが、展示会の後もミュンヘンならでは? の長い長いミーティングが行われます。毎晩、決まって20時頃には街のどこかで夕食を兼ねてのミーティングが始まります。ここでも全てを紹介しきれないが、ミュンヘンと検索すれば必ず出てくる ホフブロイハウス というビアホールがあります。国立ホフブロイハウスが直営するお店です。なんとも陽気なライブ演奏があり、民族衣装をまとったスタッフが出迎えてくれます。
ここのジョッキ。普通が1L容量なので注意が必要です。

hofbraeuhaushofbraeuhaus

滞在期間中、どれほど飲んだのか覚えていませんが、ミュンヘンではWeisse Beer (小麦を使用したビール) が主流でノド越し柔らかく、ついつい話の進みとともに量も伸びました。

munich
(執筆: セールスマネージャー 市橋)

関連製品

超高感度PAS PA301  MEMSカンチレバーセンサー及びレーザー干渉計を搭載し、超高感度・低ノイズを実現
中赤外PIRファイバーシステム  温度、機械的強度に優れた上、550cm-1まで使用できるファイバー

超小型赤外センサー、

超小型赤外分光器

 小型・高性能のユニークな焦電センサー素子と、それを用いたポータブル赤外分光器
旋光度検出器 キラライザー  すべてのHPLCに接続可能な、高感度・低容量・長寿命の旋光度検出器
密度比重計 DDM2911  ビデオモニター機能付き、タッチパネル操作の密度比重計