1. 理化学機器を提供するシステムズエンジニアリングのトップ
  2. 製品情報
  3. 標準反射板ランディングページ

 光学機器の校正やLiDARターゲットの管理に使用されます
卓上サイズから野外用大型サイズ、特注対応も可能

Labsphere社製の標準反射板は、豊富なサイズと用途に合わせた素材で製造されています。
NISTにトレーサブルなデータが添付され、様々なターゲットのリファレンスとしてご利用いただけます。

積分球の老舗メーカー・Labpshere社ならではの技術で、スタンダード品からカスタム品まで幅広いリクエストを承ります。

反射材の種類

Spectralon

スペクトラロン

丸型・角型の2種類の形状で、分光器の波長校正等に使われます。均一性・拡散性に最も優れた素材です。


Permaflect

パーマフレクト

非常に高い耐久性を持ち、屋外・水中など過酷な環境下での使用を前提に開発されました。


Infragold

インフラゴールド

梨地に金メッキを施したもので、赤外の光を均一にさせるための唯一の存在です。


Spectraflect

スペクトラフレクト

硫酸バリウムのコーティングです。拡散性は優れていますが耐久性は低いため、反射板よりは積分球の内壁の素材に適します。

 

a
a
a

使用用途

スペクトラロン

精密な光測定器の校正

NISTにトレーサブルな反射率データが添付されるので、実験室での高度な開発やテストにおいて、反射率のリファレンスとしてご利用いただけます。

▪分光器をはじめとする光測定機器の校正
▪積分球を用いた反射率測定における反射標準
▪リモートセンシングの試験
▪スペースグレードスペクトラロン(衛星搭載用カメラ校正)

 製品紹介ページ

a
a
a
a

パーマフレクト

LiDARのオンサイトキャリブレーション

メートル四方レベルの大きな標準反射板として活躍します。アルミハニカム構造のベース板で軽量化を図ることで、大型でも容易に持ち運びが可能になり、屋外でのLiDARテストに最適です。

▪LiDARのダイナミックレンジ・距離感度のテストに特化
▪人感センサのターゲット(マネキンにパーマフレクトをコーティング)
▪地表の反射率(アルベド)測定の際の反射基準

 製品紹介ページ

a
a
a
a

インフラゴールド

赤外光の反射率標準

2インチ角・5インチ角・10インチ角・18インチ角のサイズ展開

▪積分球を用いて赤外光の反射率を測定する際に、リファレンスとして活躍

 製品紹介ページ



a
a
a
a

スペクトラフレクト

積分球内壁の代表的な反射材

コーティングの強度は低いですが、パーマフレクトより反射率が高く、スペクトラロンより軽量のため、積分球内壁の反射材として使われます。

▪大型積分球の内壁コーティング
▪積分球アクセサリコーティング

 データシート

a
a
a
a

導入実例

衛星搭載の高性能カメラの校正用標準反射板として、スペースグレードのスペクトラロンが活躍しています。
自動車用LiDAR試験に、1メートル越えの大型サイズのパーマフレクト標準反射板や、パーマフレクトコーティングを施したマネキンが、反射標準ターゲットとして使われています。

a
a

反射率管理

Spectrometer

パーマフレクトの反射率を管理

LiDAR試験用ターゲットの反射率を手軽に測定!
メーカーに返送することなく、ユーザーによってターゲットの反射率の管理が可能になります。

詳細ページ

お問い合わせ

Contact

資料ダウンロードやお見積り依頼、お問い合わせは、 各フォームよりご連絡ください。

電話でのお問い合わせ

03-3868-2634