TOP > UV関連 > 分光放射照度計GL SPECTIS 1.0 Touch 紫外LED測定

ブログ

分光放射照度計GL SPECTIS 1.0 Touch 紫外LED測定

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
分光放射照度計GL SPECTIS 1.0 Touch 紫外LED測定
キーワードハンディ分光放射照度計、GL SPECTIS 1.0 Touch、紫外LED光源、365nm、LEDスペクトル測定、色温度CCT、演色評価数TM-30

365nm紫外LEDのスペクトル測定

GL Optic社製のハンディ分光放射照度計GL SPECTIS 1.0 Touchは、豊富な項目を備える専用ソフトGL SPECTROSOFTによって実験室でのハイレベルな解析が可能です。測定スペクトルを元に、演色評価数(TM-30-15対応)・PAR / PPFD (光合成有効放射 / 光合成有効光量子束密度) [µmol]などの項目が自動計算されます。
このたび、GL SPECTIS 1.0 Touchを用いて3種類の365nmLEDのスペクトル測定を行い、その結果をGL SPECTROSOFTで比較してみました。

GL SPECTIS1.0 Touchは、UVa領域である340nmから可視光領域全体をカバーしているため、3種類のLEDピーク位置の違いだけでなく、分光スペクトルの裾野(350nm付近)まで途切れる事なく測定でき、比較評価を行えました。
白色LED光源や一般照明の測定評価はもちろん、日焼けや皮膚の老化予防製品の研究開発現場などでもご使用いただけます。

【測定スペクトル画面】

【GL SPECTIS 1.0 Touchスペック】
・波長範囲:340 - 780nm (UVa - VIS) タイプ
・波長間隔:~ 1.7nm
・センサ:CMOSイメージセンサ
・ピクセル数:256
データシートはこちら

GL SPECTIS 1.0 Touchは手軽に持ち運べるコンパクトな設計で、スペクトルをはじめとする測定結果をタッチパネル上でその場で確認できます。
生産工場での抜き打ち検査、施設に取り付けられたLEDランプの性能チェック、園芸用LEDランプの管理など、広いアプリケーションが魅力です。

現在、GL SPECTIS 1.0 Touchの機能にフリッカー測定機能が追加されたGL SPECTIS 1.0 Touch + Flickerのデモ機が弊社にございます。
デモをご希望される場合は、お気軽にご相談ください。


殺菌効果のある300nm以下の短波長領域LED評価が可能な分光放射照度計も用意しております
▶GL SPECTIS 4.0 高精度卓上型分光器/200~430 nmにおいて高感度・高精度な測定を実現
▶GL SPECTIS 5.0 Touch ポータブル分光放射照度計/現場で深紫外~可視~近赤外の一括分光測定
上記2機種は、より短波長である200nmからの測定が可能で、UV殺菌灯の評価に最適です!!

お問い合わせお待ちしております。


【その他おすすめ機種・アプリケーション】
▶GL SPECTROLUX
▶GL SPECTIS 1.0
▶GL SPECTIS 1.0 Touch + Flicker
▶積分球アクセサリ
▶システムソフトウェア GL SPECTROSOFT
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加